簡易耐震診断表



エクセルをお使いの方はこちら


説明をよく読んで各項目の該当する評点の数値を1つ選び□の中に記入してください。(注)

地盤基礎

基礎          地盤

地盤
良い・普通

地盤
やや悪い

地盤
非常に悪い

鉄筋コンクリート造布基礎

1.0

0.8

0.7

無筋コンクリート造布基礎

1.0

0.7

0.5

ひびわれのあるコンクリート造布基礎

0.7

0.5

0.3

その他の基礎(玉石.石積.ブロック積)

0.6

0.3

0.1

建物の形

整形

1.0

平面的に不整形

0.9

立面的に不整形

0.8

壁の配置

つりあいのよい配置

1.0

外壁の一面に壁が1/5未満

0.9

外壁の一面に壁がない(全開口)

0.8

筋かい

筋かいあり

1.5

筋かいなし

1.0

壁の量

壁の量 階数

平屋建

2階建

多い(4.5帖中心の間取)

1.5

1.2

やや多い(6帖中心の間取)

1.5

1.0

普通(10,12帖中心の間取)

1.2

0.7

やや少ない(建物内に一列程度の壁)

1.0

0.5

少ない(建物内にほとんど壁がない)

0.7

0.3

老朽度

健全

1.0

老朽化している

0.9

腐ったり、白蟻に喰われている

0.8

総合評点

□×□××□×□×□=総合評点
AからFのすべての評点をかけ合わせたものが、総合評点です。

注.2階建ての場合、1階部分だけで診断します。同じ項目内で、該当するものが2つ以上ある場合、評点の低い数値を選びます。

 

項目A 地盤

非常に悪い  深さ30mよりも深い軟弱地盤、低湿地、海川池沼水田等の新しい埋め立て地及び丘陵地の盛土で小規模       の造成工事によるもの、地盤の液状化の可能性がある敷地

やや悪い   深さ30mよりも浅い軟弱地盤、低湿地、埋め立て地や盛土で、大規模な造成工事による敷地

良い     普通関東ローム層(赤土)や洪積台地程度の地盤(上記以外)

項目B

下図のような建物の形を参考に、1階の平面で整形か不整形かを判断します。

  整形・不整形を判断してください

総合評点の数値が高ければ高いほど安全性が高い建物といえます。

診断結果判定表

1.5以上

安全だと思います。

1.0以上
1.5未満

一応安全だと思います。

専門家による診断を受ければ、なお安心です。

0.7以上
1.0未満

やや危険です。

専門家による診断を受けてください。

0.7未満

倒壊または大破壊の危険があります。

ぜひ専門家と補強等について相談してください。

 

info@daikudesu.com まで


戻る