綾 綺 殿 改 修 工 事

この建物の改修にあたっては、出来るだけ

既存の町家の美しさを
残しつつ構造上の補

強を加えて、町家を再生するという考え方

材料もできるだけ自然の素材を使って仕

上げました

腰板もカウンター周りの杉板は

柿渋で弁柄を溶いて塗り

それ以外の腰板は柿渋を何回も

塗り重ねて仕上げました

年月が経てば益々深みが出てきます

ホールの床板もアピトンという
外材に日本の荏胡麻油で油引き
して落ち着いた感じに仕上がり
ました


おいしいレストランで営業中です

http://daikudesu.com

田原工務店 田原利晃

正面中二階の虫籠窓は壊されて

いたので元の形の復元しました

正面の格子戸と猿戸は、修繕し

て再生し、猿戸の内側の大戸は

裏の出入り口に再生しました

東北角の柱の共同井戸の近くの柱

がかなり下がっていたので連棟の

北隣の建物に影響が出ないところ

までジャッキアップ

して戻して表の大戸と、保存して

あった今では出せない味のある建

具を取り付けました

綾綺殿のホームページ

一部あった天井をめくって

吹き抜けにして、痛んでいた野

地板を荏胡麻油で拭いて艶を出

しました